石原歯科医院|岡山市東区
Tel 086-943-1414
診療時間 平日 09:00 - 12:30 / 15:00 - 19:30
     土曜 09:00 - 12:30 / 15:00 - 18:00
休診日  木曜・日曜・祝祭日

診療案内
(一般歯科)

トップページ診療案内一般歯科

虫歯の治療

応急処置から根本処置まで
虫歯治療は悪い患部を削って、被せるだけの治療ではありません。

虫歯の原因あるいはその結果として悪化している歯ぐきや、咬み合わせなどに考慮し、その上で治療計画を立てて治療を行います。

痛みが自覚できるような虫歯の場合は、ときどき痛みが治まることがあっても、虫歯そのものは進行していっています。治療が必要です。
治療が遅れれば遅れるほど歯の傷みは進んでいき、治療箇所が大きくなってしまいます。場合によっては他の歯にまで影響が広がらないようにするために抜歯せざるを得ないこともあります。

大人は抜歯をすると、義歯あるいはインプラントといった方法で補うようになりますが、通常の虫歯治療とくらべて治療期間、治療費ともに負担の大きなものとなってしまいます。
子供の乳歯であっても虫歯で失う場合と自然に永久歯に生え替わるのでは顎の成長に与える影響が異なります。
大人も子供も痛みがある場合は治療を受けるようにしてください。

また、痛みがない場合でも虫歯にかかっていることはよくあります。この段階で発見できれば削らないで進行を止める予防治療で様子をみることができます。歯はとにかく削らずにすむようにするのが一番です。

治療は必要な分だけ行って、できるだけ天然歯を残す

「治療は必要な分だけ行ってできるだけ天然歯を残す」という考え方に立ち、患者さまのご意向もふまえながら、「なるべく天然歯を残す」治療を心がけています。

虫歯治療において金属の詰め物をするためには形を整えるため健康な歯質も削らなければなりませんが、レジン(歯科用プラスチック)で補える形状なら虫歯に汚染された部分を削るだけで済みます。小さな虫歯は治療前に把握して削る量をさらに抑えられるようにしています。

治療が怖い?

歯医者さんの治療は痛いからイヤという方もいらっしゃるでしょうが、最近は麻酔技術が高くなり、まず麻酔そのものが痛くないように工夫されています。治療そのものも麻酔が効いているのであまり痛みを感じることはありません。

我慢したり治療を怖がったりせず、自分の歯を守るために歯科医院に相談してみてください。

歯は体全体に影響を及ぼします

歯は人間の骨格同様にバランスをうまく保つために重要な役割を持っています。ですから歯を削って、合わないかぶせ物や詰め物をつけたことにより、自分では気付かないうちに噛み合わせが悪くなってしまうことがよくあります。噛み合わせが悪いと肩こり、偏頭痛、腰痛などの様々な症状を引き起こし、全身に悪影響を与えます。

それだけでなく噛み合わせが悪いと、噛んだときに全体に力がかかるのではなく、一部に偏って力がかかり、その部位の歯ぐきに過剰な負担となります。

しかし悪い歯を治し、噛み合わせを改善すると、肩こり、偏頭痛、腰痛などの症状が解消されたという臨床例は数多くあります。それだけ歯が体全体に及ぼす影響は大きいのです。

「肩こりがひどい」「偏頭痛に悩まされている」そのようなお悩みをお持ちの方は整形外科や内科だけではなく、歯科医院で噛み合わせを含めた歯科検診を受けることをお勧めします。

義歯(入れ歯)

動物にとって歯を失うというのは、食べられなくなることですから、死に直結しています。人間は「入れ歯」を発明することで、歯を失っても食べることができるようになりました。これは寿命を延ばす大発明だと思っています。

すべての歯を補う「総入れ歯」と1本から複数本の歯を補う「部分入れ歯」とがあり、自費診療を含めるとさまざまな素材や処置方法から選択することができます。当院では患者さんの口腔内の状態をよく診察して、適切な方法を提案しますので、現状の入れ歯やブリッジに不満のある方も、ぜひご相談ください。

「よく噛める」「はめ心地がいい」入れ歯作りを

「入れ歯」の良い点は保険診療で作れることです。食べられないことは命にかかわることですから、経済的理由で入れ歯が作れないということでは困ります。「入れ歯」は費用対効果という面ではとても優れたものです。(入れ歯にも保険適用外のものがありますがそれでも費用対効果は優れています)

「入れ歯」の欠点は、建物に置き換えて説明すると、基礎工事をせずに地面に置いただけのようになっていることです。このようにいうと、すぐに滑り落ちそうに思えますがそうではありません。人間の歯茎は平らな地面と違って、凹凸があります。ですからこの凹凸に合うように、入れ歯の底面を作れば、滑り落ちるようなものではなく、日常の食事には差し障りのないしっかりと噛める「入れ歯」を作れます。

よい「入れ歯」をつくる3つのポイント

・口腔内の状態を見極めて前処置をしておくこと
・入れ歯底面の凸凹を歯茎に合うように調整すること
・上の歯と下の歯の噛み合わせを調整すること

私たちは義歯の最新治療方法であるインプラントにも習熟していますが、義歯の原点である「よく噛める」「はめ心地がいい」入れ歯作りを大切にしています。

入れ歯の定期的な調整を!

「入れ歯」が合わなくなったという方が多くいらっしゃいますが、その原因の多くは、歯茎の変化です。加齢とともに歯茎の量も堅さも変化していきます。土台である歯茎がどんどんと変化していくのですから、その上に載っている入れ歯を調整しなければ、グラグラしたり、場合によっては痛かったりします。そういう状態にならないためにも定期的な調整を行ってください。

インプラントも選択できます

インプラントは、顎の骨に埋入された人工の歯根を基礎とする方法、ブリッジは両隣の天然の歯を基礎とする方法です。このように歯の基礎を何にするかで「義歯」は分類されています。